私がママフェスタに参加する理由。きっかけはパラグアイでした。

今日から3月ですね。
毎年この時期になると、那覇市若狭にある若狭児童館にて『チャリティーイベントママフェスタ』が開催されます。
今年も明日、2019年3月2日(土)に開催されますが、今年は会場が変更になりまして若狭公民館にて行われます。

 

今年で6回目となるママフェスタには、若狭児童館の彩子先生とのご縁で、私は第3回から参加しており今年で4回目となります。
先日は「らぱーちょも参加しますよ~」とお知らせしましたが、本日は、なぜ私がこのイベントに毎年参加している理由をお伝えしたいと思います。

 

チャリティーイベントのスタートは、ひとりのママさんから

2011年3月11日に発生した東日本大震災。
『わらべうたベビーマッサージ協会』が全国各地で東日本大震災支援チャリティーイベントを開催することになり、沖縄県内でわらべいたベビーマッサージインストラクターとして活動されていたママさんが、2013年に個人でチャリティーイベントを開催されていました。

 

そして翌年、「若狭児童館で開催出来ないかな?」と若狭児童館の先生に、相談したことがきっかけでスタートした『ママフェスタin若狭児童館』。

 

彼女の活動を支援したい!面白そう!皆で盛り上げよう!そして何よりも東日本大震災で復興に向けて頑張っている皆さんを応援したい!!ママたちの力で日本を元気に!!という想いから、2014年より若狭児童館にて開催する運びになったようです。

 

私の出店のきっかけはパラグアイでのボランティア活動

2010年~2012年までJICAボランティアとして南米パラグアイで高齢者福祉活動をしていた私。
パラグアイには岩手県や山形県、秋田県、北海道など東北地域の方々の移住者が多く、2年間のパラグアイ生活では移住者の方々との接することが多く、その際には活動を支えて頂き、またプライベートでも色んな所へ案内して頂いたりと本当にお世話になりました。

 

そのおかげで私自身2年間充実したボランティア活動をすることができました。

 

また、JICAボランティア仲間で、岩手県と山形県に住んでいた私の友人も東日本大震災で被害に遭い、水や食料、電気がストップし、とても大変な生活を送っていました。沖縄にいて何ができるかを考えた時に、少しでも力になればと思い、生活に必要な水や食料、懐中電灯や電池などを送りました。

 

その後友人達から、「その想いがとても嬉しかった」と手紙を頂き、私一人の小さな力だけれど、困っているときの支援と言うものはとても大きい力になるということを感じました。

 

このイベントの開催も一人のママさんからスタートしました。一人の力が数を重ねていく毎に、大きな輪が広がり、一人の小さな力が大きな力になるということを再確認した気がします。


このような経緯もあり、東北にはご縁があり、またご恩もあるので、直接的には協力はできなくとも、間接的に協力できるこのチャリティーイベントを知り、趣旨に賛同し毎年参加をするようにしています。

 

~第5回ママフェスタの様子~

子供たち手作りの看板

 

ホールは出店者とご来場者でにぎわっていました

 

手作りの小物や手作りの食べ物もたくさんありますよ

 

前回のらぱーちょのブースはこんな感じでした

 

当初、一回で終わる予定のようでしたが、協力の輪が広がっていき、毎年多くの出店者の方々が集い、そして多くの方々に来ていただけるイベントとなっております。

 

東日本大震災後、日本では全国各地で地震や水害などで、多くの都道府県が被災されていることから、現在は復興支援チャリティーイベントとして、日本全国で自然災害に遭われている都道府県へ寄付という形になっております。

 

ママさんたちが中心となってイベントを支え、その収益の一部を寄付し、またご来場された方々からも寄付金を頂き、被災地の方々に届けて頂いております。

 

一人のママさんから始まったチャリティーイベント。

 

そんなママさんの想いを大切にしながら、みんなの協力の輪が広がっていくことをこれからも楽しみにしています。

 

すてきなイベントにあなたも協力の種を一緒に蒔きませんか?ご来場お待ちしております。

 

ありがとうございます。感謝いたします。

 

=====================

第6回ママフェスタ 復興支援チャリティーイベント

日時:2019年3月2日(土)10:00~15:00

場所:若狭公民館 3Fホール(駐車場はございません。近くのコインパーキングをご利用ください)

出店者情報などの詳細はこちらから⇒若狭児童館ブログ

=====================

 

自然治癒力を引き出す女性専用 ボディケアサロン らぱーちょ
【営業時間】  月・火・水・金 10:00~18:00  土 10:00~16:00

【定休日】木・日・祝日

【お問い合わせ&ご予約】  今すぐ予約はコチラから→080-3944-3364 (電話受付時間 9:00~18:00)

【住所】沖縄県那覇市若狭1-18-15 シーサイドパレスwakasa 301 (駐車場1台あり。3番にお停め下さい)

第6回チャリティーイベント ママフェスタ出店のお知らせ

  

毎年この時期になると、那覇市若狭にある若狭児童館にて『チャリティーイベントママフェスタ』が開催されております。

らぱーちょも毎年出店しておりまして、今年も参加いたします。
  
ということで、イベントの告知です♬
 
  
ママフェスでは、『DRT 背骨ゆらし整体』を行います。
いつもサロンで行っている整体を多くの方にママフェス特別価格で受けて頂くことができます。

続きを読む

○○を一緒に飲むだけで二日酔い軽減!?

3連休の中日。
昨日、土曜日は小学校のお友達と女子会をしてきました。
1年ぶりの再会は、家族のことや体のことなど…
40代にもなると色んな話題で盛り上がります。笑

久々の女子トークでしたので
日付を越えてまで盛り上がってしまい…
おかげで昨日のお酒がまだまだ残っています。

そう、『二日酔い』です…。
本当に気持ちが悪いですよね。

続きを読む

体温を○○するだけ‼ 自然治癒力が発揮される方法とは?

一年の中で、『2月』という月は
ちょうど暑さと寒さが入り混じるため
体調管理が難しい時期です。

 

一年中、インフルエンザが流行りますが
特に1月から2月は大流行する時期ですね。

 

気温低下で、乾燥するこの時期に
体調を崩す方がとても多いです。

 

ただ、反対に体調崩さない方もいらっしゃいます。
インフルエンザにも罹っていない方もいらっしゃいます。
その違いって何でしょうか?

続きを読む

手の使い方を変えるだけ!驚くほど抱っこがラクになる方法

マイナートラブルってご存知ですか?

(*マタニティ診断ガイドブックから引用)

妊娠期から産後にかけて体に起こる
不快な症状のことを言います。
上記のイラスト参照。

 

どのようなものかと言うと、
つわり、めまい、頭痛、胃もたれ、痔、
お腹の張り、便秘、頻尿、静脈瘤
むくみ、頻尿、などなどキリがないぐらい、
産前産後の体に起こる不快な症状のことを言います。

続きを読む

たった5回だけでいいの!?肩こり腰痛が改善した背中深呼吸法

深呼吸方法を変えて肩こり、腰痛を改善

パソコンやスマホをしている時って無意識に体を丸めたり縮こまった姿勢になっていますよね。

この姿勢を取り続けると、体のあちらこちらが痛くなりますし特に、肩や首が凝ったり、腰痛になったりすることがよく見られます。

そこで今回は、たった5回、背中呼吸をするだけで、肩こりや腰痛が改善する超カンタンな方法をお伝えします。
続きを読む

一度、帝王切開で出産しても次は自然分娩での出産ができる場合もあります。

妊娠中に身体をケアしておくことで、出産が〇〇に

先日、産後2ヵ月半のお母さんが、
お姫様とご主人の3人でご来店くださいました。

 

彼女は、妊娠5ヵ月の頃からケアしておりました。

 

この頃、お腹の張りや腰痛があり、
体を動かすことがキツイとのことでした。

 

ご自宅で安静にされていた時に、
お友達から「マタニティの整体がある」と
ご紹介頂き来ていただいたのがきっかけです。

続きを読む

これ1つでOK!妊娠中から産後、その後も使えちゃう枕

これに眠るだけ。からだがどんどん楽になってきます。

みなさん、快適な睡眠とれていますか?

スマホやPC作業で首や肩、腰に負担がかかり
常に体がダルく、多くの方が快適な睡眠を
とれていないのではないでしょうか。

人間は眠っている間に、身体の中でメンテナンスを行っています。

健康な体というのは『寝たら治る体』。

続きを読む

帝王切開での出産も立派な出産です

「帝王切開で出産した場合、次の出産も帝王切開になるんですよね?」

 

とよく聞かれます。
私自身、1人目帝王切開で出産し、2人目も帝王切開でした。

 

ただ、どちらとも初めから帝王切開での出産の予定ではなく、
『児頭骨盤変位症』とのことでの帝王切開でした。

 

この児頭骨盤変位症というのは、
産道よりも赤ちゃんの頭が大きいために
経腟分娩での出産が難しいため、
帝王切開での出産ということになります。

続きを読む