自宅でできる産後の体型リセット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキングセミナーで

2年ほど前の話ですが、インナーウォーキング&ヒールウォーキングセミナ―を受けたことがあります。

(先生とのツーショット。お恥ずかしいですが…)

講師の先生は『立てばシャクヤク 座ればボタン 歩く姿はユリの花』まさにこの言葉がふさわしいお方でした。先生の所作が美しすぎて、ずーーっと見ていたい、女性が惚れる女性です。

でも性格は、お茶目。そのギャップがいいですね。ボティーワークのお仕事をしていますが、自分自身の姿勢や歩き方があまり良くないなぁと常々思っておりました…(←ダメですねぇ)

 

きっかけは産後太りから

講師の先生は、産後太りがきっかけで、ウォーキングに出会い、体型の劇的な変化を体験したことから、ウォーキングを極めていったそうです。

インナーウォーキングセミナー&ヒールウォーキングセミナーは、それぞれ2時間の講義で、2つ合わせるとトータル4時間のセミナーでしたが、やったことは、ずっと歩く、歩く、歩く…という動作のみ。先生が仰ったポイントを意識し、イメージしながら歩く、歩く、歩く…が続く。

 

脳にフィードバックしながら、体が覚えるように本当にたくさん歩きました。先生が目の前でしっかりと確認してくれているので、意識してのウォーキングができましたが、ちょっと油断すると人間って今まで染みついていたウォーキングに戻ってしまいます。

なにごとも繰り返しとイメージが大切なんですね。

 

ウォーキングの大事なポイント

それは『歩き始めのスタート姿勢と頭の位置』。

スタートポジションの姿勢が、ウォーキングの姿勢につながるのできちんと姿勢を整えてから始めの一歩を踏み出すことが大事、とのことでした。

この時に大事なのが頭の位置

土踏まずの延長線上に、頭が乗っているイメージでその位置を動かさないように、意識しながら歩きます。意識しながら歩くだけでインナーマッスルにかなり効いている感じがあり、4時間のセミナ―でしたが、ウエストが若干細くなった気がしました。(あくまでも私の目測なのであしからず…笑)

でも本当に日常生活でウォーキングを意識するだけで、絶対に体型の変化がでてくるだろうなぁと思いました。それと同時に、歩き方が変わるだけで、自分自身の気持ちが明るくなる、という変化に気づきました。

頭の位置を意識すると、目線の高さが変わり目線が高くなると、自信が沸いてきて気持ちがすごく明るくなっていました。

普段何気なくおこなっているウォーキング。

されどウォーキングですね。トイレに行くにもユリの花ウォーキングしていこう~♪

最後までお読み頂きありがとうございました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す