未分類

産後のお母さん、ふくらはぎ硬くないですか?

産後のお母さんのカラダを見てみる中で共通のことがあります。

それは 『ふくらはぎの硬さ』です。施術前にふくらはぎの硬さをチェックするのですが、ふくらはぎを押したときに、殆どのお母さんが痛がります。

産後の方、あなたのふくらはぎは大丈夫ですか?

その硬さを作る要因は、実は日々の子育てにあったのです。

続きを読む

膝がバキッと鳴り、痛くて伸ばせない、歩けない40代の女性

『右膝が痛くて伸ばせない、歩くと痛い』

という、40代女性が浦添からいらっしゃいました。以前から、右膝には痛みがあり、出たり止んだりしていてずっと気にはなっていたがそのままにしていたら先日、職場でイスから立ち上がろうとした際に

『バキッ』と音が鳴り、ズレた感じの違和感が出現。

続きを読む

腰が痛くて靴下が履けない…

『腰が痛くてズボンも靴下もはけない』

という、30代女性が宜野湾市からいらっしゃいました。託児のお仕事をされている方ですが、2週間前、お仕事中に変な違和感を覚え、その日の夜から腰が痛くなったとのこと。

症状を伺うと

 ☑座るとキツい
 ☑運転時も腰が痛い
 ☑座った姿勢で靴下はけない ⇒『旦那さんにはかせてもらった~』と笑っていました。
 ☑壁にもたれてズボンはくも、足が上がらない
 ☑立ったら何とか大丈夫

というような状態。施術前に前屈をしてもらいました。普段はカラダは固くなく、床まで手がつくのですが、全然届かない。

 

全然、腰が曲がらず、手が床につかず『腰が痛いー!』と叫んでいました。

首の圧痛、肩こり、ふくらはぎの全てに痛み訴えがありました。

1回目では、施術前よりは少し曲がるようになったけど、痛みもある状態でした。
DRTでは、症状を追わず自己治癒力で改善を図っていきますので、この日はこれで終了。

 

2回目の施術までに1週間、期間があったためストレッチと姿勢についてアドバイスしました。

2回目の施術前は、痛みは少しあるけど、前ほどではない。ただ、痛い時は横になっていたとのこと。
実は、この横になっていたというのが改善するか否かの境目なんです。

彼女の痛みの具合であれば、横になって動かずにいるよりは、日常生活程度の動きをすることは必要だったという事。

腰痛があっても、ある程度動ける状態であったり、マックスだった痛みが少し軽減してきている、また痛みを回避できる姿勢が取れるのなら、ずっと横になって休むのではなく少しは動いた方が良いのです。

安静にすればするほど、腰痛の改善が遅れる場合があります。もちろん、スポーツといった激しい動きはダメなんですが、日常生活内での動きは必要です。

(ただ、痛みが増強している場合は、この限りではないため整形外科的疾患も疑われるので、受診されることをご提案します。)

そして、3回目の施術までに

 ☑ストレッチを朝晩行う
 ☑動けるなら、なるべく動くように
 ☑車の運転がキツイとのことなので、腰のあたりにタオルを置く

この3つをアドバイスし、本日3回目の施術。

施術前は、肩と首に圧痛が出ていましたが、施術後は痛みなし。そして前屈してもらうとピタ~と床に手がつくようになりました♪

『腰、全然痛くない~!』
『嬉しいぃ、ありがとう~』とおっしゃってくれました。

治癒力高まってくれたおかげですね。

そして『靴下も自分で履けるようになった~笑』と嬉しそうに話してくれました。

カラダが楽になると、人は笑顔になりますよね。彼女は、自分自身を内側から変えようと努力し開花することもできたので、ますます笑顔の素敵な女性に変化しました。

========================================

~ご感想です~

ようこさんの施術はピカイチ!!2週間腰痛で大変だったけど、元のやわらかさに戻りました!
本当嬉しいです。ありがとうございます。
========================================

とてもうれしいお言葉を頂きました。

 

【DRT(背骨調整)】は、痛みのある所を治すような対症療法ではなく、人間が持っているすばらしい自己治癒力が発揮できるような状態を作り、脳神経伝達システムの再起動を図り、根本から改善を目的としています。

痛みがなくなれば、人生はかならず変わります。痛みで悩んでいるあなた、ぜひ人生の一歩を踏み出してみてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございます&感謝いたします。

自分の体軸を知ると体を壊しません。

妊娠前からの腰痛が産後に悪化

産後3カ月の時に激痛が…

症例紹介です。
妊娠前よりちょくちょく腰痛はあったものの、痛みが出たり止んだりしていたので、そのままにしていたお母さん。
出産し、慣れない姿勢での育児が続き、また睡眠不足も重なり、急に腰に激痛が走りました。

オムツ交換時の中腰姿勢や沐浴の時の中腰、と、育児は本当に中腰になる態勢が多いため、腰に負担がきてしまいます。

腰に一番負担がくる姿勢は 座っている>立っている と言われています。

中腰は座りかけの態勢でそこから体を前に倒すため、腰にかかる負担は相当なものと言えます。

続きを読む

自宅でできる産後の体型リセット

ウォーキングセミナーで

2年ほど前の話ですが、インナーウォーキング&ヒールウォーキングセミナ―を受けたことがあります。

(先生とのツーショット。お恥ずかしいですが…)

講師の先生は『立てばシャクヤク 座ればボタン 歩く姿はユリの花』まさにこの言葉がふさわしいお方でした。先生の所作が美しすぎて、ずーーっと見ていたい、女性が惚れる女性です。

続きを読む

ピンヒールでさっそうと歩きたいお母さんへ

ピンヒール憧れますよね~。ピンヒールを履いてさっそうと歩く女性はカッコいいですよね。普段、スニーカーがほとんどなのでヒールは結婚式の時ぐらい。しかもだんだん足が痛くなるので膝カックンカックンになって不格好。

ピンヒールを履いてさっそうと歩く女性目指してヒールウォーキングを習ってきました。

ヒールウォーキングは、踵の低い靴とはまた違ったイメージが必要でした

ヒールを履いた状態からさらにもう2㎝意識を上に向けて歩くことがポイント、とのことでした。そしてヒールを履く時のもう一つのポイントが

『素足で履くこと』だそうです。

えー!まぢ??(匂いが気になる…)とびっくりしました。でも素足で履くことで足にピタっとフィットしまた革が汗を吸ってくれるので匂いも気にならなくなるそうです。そして何と言っても、ヒールの中で足が滑らないそうです。

足が滑らないので指先の疲れも出てこなくて長い間歩くことができる、とのことでした。ということで、素足に切り替え1時間近くずっと7cmヒールを履いて歩く練習をしました。

すると、2時間の結婚式に参列した時よりも倍以上歩いているのにも関わらず、足があまり痛くないのです。これならずっと歩けるかも~!と思うぐらいスーッと自然に歩くことができました。

またヒールを履くことで姿勢をさらに意識するので、ビフォーアフターの立ち姿勢にすごく変化がでてきました。

 ビフォー     アフター

 ビフォー     アフター

ビフォーでは、左肩が異常に上がっていましたが、アフターでは、肩の位置が同じぐらいになくなりました。

でもこの左右の差は、修正に時間がかかるそうなので目から脳へ肩の高さをフィードバックさせて修正していこうと思います。

あと、横向きの姿勢もビフォーは膝が曲がって体が前に倒れ掛かっていましたが、アフターでは膝も伸び、重心点に頭を乗せることができました。

ローマは一日にして成らず、の通りピンヒールでさっそうと歩く女性目指してまずは『ヒールでコンビニ』から始めていこうと思います♪

ピンヒールでさっそうと歩く女性を一緒に目指しませんか~!

最後までお読み頂きありがとうございました

二人目から体重が落ちないお母さんへ

『一人目を産んだ後はすんなり痩せたのに、二人目からなかなか落ちない』

 

 

そんなお悩みありませんか?

二人以上ご出産経験のあるお母さん方から『二人目からはなかなか落ちないよ~』っとの声をよく聞きます。ほんと、そうかもしれません…。

続きを読む

腰に触れずに腰痛改善を図る

あなたは、どちら派ですか?

『週末はずっと雨でしたね…。はーぁ。』(嫌)

それとも…

『週末はずっと雨の音が聞けて楽しかった♪』(嬉)

 

みなさんはどちらですか?

わたしは、上の段の気持ち、雨=ヤダだなぁって思っていました。これまでは。

続きを読む

【症例紹介】産後の恥骨痛が改善した~

症例紹介です。産後3カ月、30代 3児の母のお方。
首、肩に圧痛あり、また恥骨上とそけい部にも圧痛あり。産後の生活習慣で、体のあちらこちらに痛みが見られました。

特に首と恥骨上は激痛で、患部に触れると、絶叫するほどの痛みあり「冷や汗を通り越して、変な汗が出る」とのことでした。

まずDRTにて背骨調整した後、恥骨部~そけい部に関しては、筋が和らぐように調整を行っていきました。首の圧痛は軽減しましたが、恥骨上~そけい部にかけては少しは和らいだが、まだまだ痛いとのこと。

触れなければ痛くないのですが、圧痛があるので、もう一度来てもらって、調整することになりました。そして3日後にご来店いただきました。

首の圧痛は最初に比べると改善傾向にあり、激痛だったそけい部は、絶叫するほどのものではないのですが、まだ痛み残存とのことです。

DRTで全身を調整し、恥骨上~そけい部にかけてもう一度調整。すると、「あれ?痛くない。あんなに激痛だったのが…」というぐらいに改善がみられました。

日常生活でのカラダの使い方や姿勢が、痛みを出現させているので、カラダの使い方、そして食生活のアドバイスも行いました。

また自分のカラダに合った食べ物かそうでないかを未来の自分が教えてくれる方法があります。そのお伝えし、これからの買い物で使っていこう、ということでした。

未来の自分が教えてくれる方法に興味のある方は、ぜひ一声おかけくださいませ。筋力反射にて行うことができますので、施術中にご希望の方がいれば行います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました&感謝いたします。

急に首と肩に激痛が走り、昨夜眠れなかったんです

産後のお母さんで多いお悩みが肩こり・首こりです。

特に産後直後のお母さんが多いように感じます。慣れない育児姿勢で、授乳の時に首を下に下げて行う方が多く、毎回このような姿勢を取っていますと、次第に首~肩に負担が来て、ある日突然激痛‼が来きてしまいます。

今回も産後1ヵ月半のお母さんが、首と肩に激痛が走り夜眠れないほどに。

続きを読む