理想の背骨の動きとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

らぱーちょでは、DRT(背骨ゆらし)整体を行っておりますが、よく見ると背骨ってどことなくと似ておりませんか?

私自身、辰年なので龍がとても好きです。長男も辰年なので名前に『龍』という漢字を付けております。

龍は神話や伝説上の生き物ですが、金龍、白龍や龍神様、龍神雲など龍にまつわるお話は日本古来からとても多いですよね。龍神様を祀っておられるところもあります。

沖縄でもあちらこちらに龍柱が建っており、2頭横並びで阿吽の形でお客様をお迎えしております。

(画像お借りしました)

龍のようにしなやかに大空を泳ぐ動きこそが理想の背骨の動きですね。

子供の背骨(背中)って柔らかいですよね。しかし、大人になるとこれまでの生活習慣の癖などもあり背中が硬いです。よく「ガチガチ」と表現しますが、背中の硬さは背骨の歪みが大きく影響を受けています。背骨がこれ以上歪まないようにと、周囲の筋肉で一生懸命背骨を守っているためです。

なので、柔軟にしなやかに。

そんなイメージをしながら背骨をゆらしていると、本当に背骨が大空を泳いでいる感覚になることがあります。その感覚になった瞬間、硬かった背中が『溶けた』ようにしなやかな動きになります。

感覚的な表現ですが、受け手のほうも「溶けた」という感覚になるそうです。この前、お客様に聞いたら同じように仰っていました。イメージしながら行うことで、右脳にダイレクトに伝わるので自然治癒力も発動しやすくなりますね。

龍は雲の形であなたの前にメッセージを伝えることもあるので、空に呼ばれたと思ったら大空を見上げてみてくださいね。きっと龍がいますよ~(笑)

The following two tabs change content below.
アバター
女性専門整体ボディケアサロンらぱーちょ代表 垣添陽子(かきぞえ ようこ) 理学療法士。産前産後の肩こりや腰痛などのトラブルから更年期特有の不定愁訴、また慢性的な痛みシビレでお悩みの症状をDRT(ダブルハンド リコイル テクニック)背骨ゆらし整体によって根本からの改善を行っております。『自分の力で治す』を目標に、自然治癒力を引き出すお手伝いをしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す