人生を変えるインソール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100歳になった時、あなたは自分の足で歩いていますか?

つい最近まで、人生80年と言われていましたが、今は人生100年といわれるぐらい寿命が延びてきています。100歳まで長生きしたとしてもベッドの上で過ごしているのか、もしくは自分の足で歩いているのか、これには、今現在、自分自身がどのような生活を送っているかが影響してきます。

私は以前、老人保健施設やデイケア、デイサービスにて理学療法士をしていました。マヒがある方や転倒し骨折した方、あるいは関節などが固くなって動作が困難な高齢者の方々を対象にリハビリテーションを実施していました。

デイサービスで働いていた時、99歳のおばあちゃんに出会いました。この方は、転んでしまい股関節を骨折し、高齢のため手術はせずに温存になり、ご自分では歩けなくなり車いすに乗られていました。

転ぶ前まではご自分で歩いて、日常生活もすべてご自分でされていました。それが転んで骨折したことで、自分で歩けなくなりトイレに行くのも一人では難しい。お風呂も手伝ってもらわないとできなくなり、今まで自分で行ってきた日常生活が人の手を借りないとできなくなってしまったこと、特に家族に負担をかけてしまっていることにとても気遣われていて、『こうなってしまって本当にツラい』と仰っていました。

確かにそうですよね。これまでできていた動作が一瞬にしてできなくなり、人の手を借りなければいけなくなるという状況になってしまったこと。本当にツラいと思います。

その時にリハビリ従事者である者が、高齢だからもう難しい、と諦めてしまってはいけないのです。

100歳まで自分の足で歩いた生活を送りたいと願っている方にどのようなものを提供できるか、どのようにサポートしていけば、この方の願いを叶えられるのか、そこがリハビリ従事者に求められているものだと感じています。

しかし、それには正しい情報を得ることとこれまで非常識と思われてきたことを常識として捉えること、また私たち祖先の体の構造を知ることがとても大事になってきます。

 

人生を変えるインソール

私は、昨年すごい先生との出会いがありました。
関口先生という方で、いつもセミナーでお世話になっている先生から紹介して頂きました。

関口先生は、足のプロフェッショナルでこれまでのインソールの常識を180度覆した方です。
下の写真がそのインソールの1つ。

このインソールに乗った瞬間から体の変化に気づきます。まず骨盤がカチッとはまる感じがしました。
そして立っていて楽。歩いたらもっと楽。足が軽い。「なにこれ-!」が第一声でした。

このインソールは、3点バランス理論でできていて、足の親指の付け根、小指の付け根、踵の3点支持することで人間本来の足の機能を復活させるというものです。

人間の足には3つのアーチがあり、このアーチがあるから歩いていても衝撃を吸収してくれるし、バネの役割を担ってくれるので、足首がスムーズに動かせることができます。

この素晴らしいアーチ機能が備わっているのにも関わらず、足の機能障害、例えば外反母趾や膝痛、腰痛、そして肩こりに至るまで、人間の歩きを退化させてしまった原因は『全て靴にある』と断言するぐらい、弊害は靴にあるんです。

靴が合わないと、歩きづらいですよね。それを我慢して歩くと、今度は靴に合わせた足の形状となっていき、人間本来の構造が崩れていってしまいます。

なので、私たちが合わせるのではなく、本来の足のアーチ機能が働くように靴が合わせないといけないのです。それには、このインソールが必要となってきます。

私は実際に試してとても効果を実感できたので、色んな方に勧めています。そしてインソールを入れた瞬間から体の変化を感じるかたが続出しています。

=============================

例えば、

〇左マヒがあり、左足がずっとしびれて痛いという方にインソールを入れた瞬間から、足の軽さを実感。そして倒れてから一度も歩いたことがなかったかたが、インソールを入れただけで3mを後ろから支えた状態で歩けるようになりました。

そして3回目にリハビリでは3m歩行が4回できるまでになりました。倒れてから半年、もう歩けないと思っていただけに、自分の足で歩いたことがとても嬉しいと仰って涙を流されていました。

 

〇パーキンソン病で歩くときに前かがみの姿勢になり、足が重くて前に出にくいため腕を振った反動で歩いていた方。その方に3点インソール機能が付いたサンダルに載ってもらうと姿勢が一目瞭然で変化が見られました。(下写真の一番目:サンダル、二番目:サンダル装着前後)

 

 

 

 

 

 

 

このサンダルに乗って、さらに腕の運動を行い、改善目指して頑張ってくださいと激励を受けたので、しっかりとサポートしていきたいと思います。

終わりに、あなたは100歳になったとき自分の足で歩いた人生を送っていますか?
100歳まで自分の足で歩く人生プランを足元から見直していきませんか?

このインソール試してみたいという方は、ぜひらぱーちょまでいらしてくださいね。乗って立って実感してみてください。

The following two tabs change content below.
アバター
女性専門整体ボディケアサロンらぱーちょ代表 垣添陽子(かきぞえ ようこ) 理学療法士。産前産後の肩こりや腰痛などのトラブルから更年期特有の不定愁訴、また慢性的な痛みシビレでお悩みの症状をDRT(ダブルハンド リコイル テクニック)背骨ゆらし整体によって根本からの改善を行っております。『自分の力で治す』を目標に、自然治癒力を引き出すお手伝いをしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す