産後体重は減ったけどお腹がポッコリしている原因は…

お元気ですか? らぱーちょのようこです。
『産後のポッコリお腹の原因』についてのお話しです。

 

出産した後~3ヵ月ぐらいは、食べても食べても痩せていきます。
(個人差ありますが…)

 

授乳でのエネルギー消費はかなり大きいです。
私は妊娠で体重が12キロ増えましたが、産後3ヶ月ぐらいで15キロ痩せました。

 

妊娠前よりも痩せて、中学生の時の体重になりました(笑)
ただ、卒乳後は体重が落ちにくいので、授乳回数が減ってきた際は気を付けないといけないのでご注意を!

 

さて、産後のポッコリお腹ですが『体重は落ちたけどお腹が出ている』というお悩みよく聞きます。

 

私も確かにそうでした。
体重は減ったけど、お腹がポコッとしてブヨブヨ状態。
お腹に力を入れようと思ってもなかなか入らない。腹筋が弱い状態です。

 

このポッコリお腹の原因は…
『腹直筋離開(ふくちょくきん りかい)』
になっているからです。

 

『腹直筋離開』という言葉、初めて聞いた方もいらっしゃると思います。

 

私も腹直筋離開になっていて、私がこの言葉を知るに至ったのは、体重は減るけどお腹が妊娠中みたいにドンドン前に出てきていたところ、調べたら『腹直筋離開』になっていた、という感じでした。

 

この『腹直筋離開』どういうものかというと腹直筋とは、お腹の真ん中にある筋肉で6つに割れる筋肉。

腹直筋

 

腹直筋の真ん中の白線という繊維がありお腹が大きくなるにつれて腹直筋も伸ばされこの白線のところにポケットみたいに穴が空いてしまうのです。

腹直筋離開

 

そして、産後にかけてこの白線が閉じてくるので腹直筋は元の状態に戻ると言われていますが、日々の生活でこのポケットの穴が閉じなくて次第に広がっていくと『腹直筋離開』になってしまいます。

 

眠った状態から「よっこらしょ」という感じで頭と足を近づけて反動で起きたりする動作。

 

この頭と足を近づける動きによって腹直筋は次第に大きくなりポケットができてしまいます。

 

また、産後の腹筋を鍛えようと膝を立てて頭を一生懸命もち上げるこの動作、

クランチ

 

この運動は絶対にやってはいけません!
この腹筋運動は、産後のお母さんはやっちゃダメです。

 

腹直筋離開になっていなければOK!ですが腹直筋離開になっているお母さんがこの運動をすると更にポケットは大きくなり、お腹がドンドンとポッコリになっていきます。

 

産後の運動は、それぞれの体に合った動きがあり始める時期も違うので、専門の方に身体を見てもらった後にどのような運動を行った方が良いかアドバイスをもらうと良いです。

 

そうすることで、産後の身体がリセットされ妊娠前よりもキレイな体作りが可能となります。

 

では、明日はこの腹直筋離開のチェック方法とどのような運動をしたらいいかをお伝えしますね。
今日は『産後ポッコリお腹の原因』についてのお話でした。

 

あなたのお役に立てれば嬉しいです♬ありがとうございます。感謝いたします。

 

からだケアサロン らぱーちょ

〒900-0031沖縄県那覇市若狭1-18-15 シーサイドパレスwakasa203駐車場あり(6番ご利用ください)